実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう

実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。

 

 



実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょうブログ:190118

旦那は、本当によく話をしてくれる人です。

しかも、サービス精神旺盛なので、
必ず相手を笑わせようとしたり、
身振り手振りも大きくてわかりやすいです。

そんな旦那なので、
旦那といると、わしはすごく楽で安心で楽しい!
人の話を聞くのが大好きなわしにとっては、まさに理想の相手なんです。

普段わしは、周りに質問とか、話をふったりして、
自分に話が向かないようにしている節があるのですが、
旦那の前ではそんなことをしなくても旦那が話し続けるので、
すごく気が楽です。

唯一、旦那がわしに突っ込んでくるときがあります。
それはケンカをしたとき。
とは言っても、わしが一方的に怒ることが多いのですけれど…

旦那は、わしが怒った理由がわかれば解決できる…と思って、
「どうして怒ってるの?」「なにがきっかけで?」と訊いてくれるんですが、
わしは自分の気持ちを上手く言葉にすることが出来なくて、
沈黙してしまいます。

しばらくすると、旦那は先に謝ってくれるので、
それで仲直りする…というパターンを長く続けてきました。

旦那は、わしが怒ったり、わしの機嫌が悪くなったりすると、
その分だけ自分のテンションをあげてきます。

でも、そうやってふたりの空気のバランスをとろうと、
旦那は旦那なりの方法でがんばっていてくれたんだなぁ…と、
最近ようやく気づいたんです。

そうやって考えてみると、
怒っている理由も言わないわしに、
よく毎回謝ってくれるよなぁ…とか、

理由がわからないままだから気になるだろうに、
よく訊き返してこないよなぁ…なんて、
旦那のすごいところがどんどん見えてきたのでした。

そうやってわしを大切にしてくれている、
尊重してくれていることに、気づくことができました。


ホーム サイトマップ