実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう

実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。

 

 



実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょうブログ:181022

一人の人間によって
基本的言語体系がお子さんの頭の中に入ってくる以上、
一人の人間だけがお子さんを育てることは
逆にいえば非常に危険である。

もしその母親が間違った考えを持っていれば、
その子はその間違った考えを教え込まれてしまい、
それを修正する機会を失ってしまうからだ。

自分の家に父親と母親が揃っていれば、
自分の母親といえども、自分の父親から
その意見を覆される姿を見ることができるので、
自然と母親の間違った意見を否定していくことができ、
正しい物の見方ができるようになる。

大事なことは
正しい物の見方を身につけることであって、
誰かの意見を鵜呑みにすることではないのである。

祖父母がいると、
お子さんは温和になると言われている。

自分の親だけではなく、その祖父母によって喋りかけられれば、
お子さんは親の意見が絶対に正しいものではないということが解り、
違う考え方も存在するのだということに気付く。

しかも祖父母は親よりも人生経験が豊富だから、
生きていく上で様々なことを学んでいくことができる。

祖父母というクッションがないお子さんは、
どうしても思考が硬直しやすいので、
核家族で育って来た人々というのは、
狭い考え方の持ち主が多く見受けられる。

政治家が「社会保障の充実」を叫べば、
それに追従してしまい、
それによってどのような弊害が出て来るかを
見極めることができない…

「貧富の格差があることはおかしい!」
「男女の性差があることは許せない!」と騒いでいる人たちも、
やはりお子さんの頃、核家族で育ってきたのではないだろうか?


ホーム サイトマップ