日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 

 





免許合宿はこちら
URL:http://www.menkyo-designer.com/
免許合宿について


日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:190603

減量をする時は
「食事制限と適度なトレーニング」が欠かせないって
言われていますよね?

「トレーニングなんかしなくても、食べないだけでも痩せるんじゃないの?」
という疑問もあるでしょう。

確かに普段、トレーニング不足気味の人には、
適度なトレーニングというのは少々きついハードルかもしれません。

でも、
減量には、
トレーニングが必要不可欠なんですよね。

その理由には、
筋肉が大きく関係しているようです。

筋肉というのは、
わたしたちの身体の中でも、
一二を争うほどエネルギーを使う場所なんです。

つまり、筋肉量が多い人は、
それだけエネルギーをたくさん使う人ということになります。

例えば…
食事制限をすることによって、
入ってくるエネルギーの量が少なくなってしまいます。

すると、身体は…
入ってくるエネルギーの量が少なくなるので、
使うエネルギー量も少なくしようとしますよね?

そして、最もエネルギーを浪費してしまう筋肉を
減らそうということになるわけです。

食事制限だけで減量をすると、
すぐにリバウンドしてしまうのは、
身体に筋肉がなくなってしまうことが原因なんです。

食事制限による減量で、
体重が減ったとしても、それは一時的なもので、
ただ単に、筋肉が削げているだけとも言えます。

逆に減量中でも身体を動かし続けていると、
筋肉を減らすことができなくなります。

ということは、
入ってくるエネルギーを減らしながら、
今までの消費エネルギーレベルを維持することができるんですね。

そして、減量が上手くいくのです!


ホーム サイトマップ