日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 

 





免許合宿はこちら
URL:http://www.menkyo-designer.com/
免許合宿について


日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:190812

こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?

ヒールの高い靴は、スニーカーなどに比べると
肉体に掛かる負担が意外に大きくなります。
ヒールの高い靴で歩き回ると、足が痛くなったり、
いつもより疲れてしまいませんか?

このため、ヒールの高い靴を履くと運動になって、
足が細くなると思っている方も少なくないようですね。

ですが、それは大きな間違いなんですよ!
ヒールの高い靴を履くと、
どうしても肉体の余計な所に力が入ってしまいます。
そうすると、姿勢も悪くなります。

それによって、
必然と肉体の歪みを生みだす可能性を高めてしまいます。
肉体に歪みがでてしまうと、
むくみ・代謝の低下などが起こり、足が太くなってしまうんです。

なので、できる限り、
安定感のある靴を履く事が足やせの第一歩なのです。

もちろん、ヒールの高さだけでなく、
足幅や爪先のつまり具合なども最適な大きさである事が大切です。
シューフィッターに相談すると、チョットお金はかかりますが、
最適な靴が手に入りますよ。

考え方によっては、その方が安くつくかもしれませんね。
安くて合わない靴を履き、足が太くなって、
足やせグッズにお金を出すなら、本末転倒ですもんね。

仕事などでどうしてもヒールを履かないといけないという人は、
長時間にならないように注意しましょう。
中敷きなどを活用するのも良いですよ!

また、どんなに疲れていても、
その日の疲れは1日後に持ち越さないで、その日のうちに取りましょう。
お風呂にゆっくりと浸かり、
足をマッサージする習慣をつけるとかなり変化があるはずですよ。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ