「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください

「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください



「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてくださいブログ:131215


世の中、
「完璧を求める人」 と 「いい加減な人」 がいますよね?

わたくしはどちらかというと後者の方なんですが…
でもね、いい加減な人の方が良いこともあるんですよ。

巷には、様々な減量法がある中で…

完璧を求める人は、
じっくり「自分に合った減量法はどれなのか?」と
吟味していると、
決めきれずに様々な減量法を渡り歩く
減量ジプシーのような状態になったり…

また、本などに書かれている減量法を
正確に実行しようとしすぎるあまり、
様々な事情で、正確に実行できない時があったりすると
自分が許せず挫折してしまう場合があります。

減量で最も重要なのは、継続すること。
正確に実行できないという事を負担に感じ、挫折してしまうくらいなら
いい加減でいいし、時には休む日があってもいいから
とにかく「続けられる」人が減量には成功するのです。

だから、「いい加減さ」も時には必要なんです。
友人とお酒を飲みすぎたり、
大好物のちらし寿司やちらし寿司を食べ過ぎたとしても
「まあいいや、あしたからまた頑張ろう!」

運動が1日できなくても
「まあいいや、あしたからまた続けよう!」

そうやって、
忘れちゃうくらいの「いい加減な人」の方が、
減量には成功しやすいと思うんですよね。

もちろん、完璧を求める人向けの減量法もあります。

また、ひたすら一生懸命にストイックに
減量を行なうのが好きな人もいます。

要はその人その人の性格に合った減量法を選んで、
ストレス無く、楽しく、ポジティブに
減量を楽しめれば良いと思います。
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください

「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション