「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください

「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください



「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてくださいブログ:140303


間もなく臨月を迎える妻の腹は、
「これでもかっ!!」というくらい
大きく突き出しています。

時にはムニムニと、時にはボコッと動く、
パンパンに張った腹を撫で回すのが、
最近のおいらの楽しみと癒しとなっています。

腹を撫で回しながら、
妻とお子さんのことについて話をするのもまた、
おいらにとっての楽しみであり、癒しなのです。

話すといっても、
「どっちに似てるのか?」とか、
「ここは妻に似てるといいな」とか…
そんなたわいない話なんですけどね。

そんな話の中で、
このお子さんの遺伝子は50%がおいら、50%が妻でできている
という話をしていました。

当たり前といえば当たり前の話なんですが、
おいらと妻の遺伝子を併せ持つ存在なんだということに
感心していたのでした。

これまた当たり前なんですが、
おいらと妻は夫婦ですが、赤の他人です。
心のつながりはあっても、遺伝子の交わりというのはありません。

その、おいらや妻ではどう頑張っても持てないものを、
このお子さんは持っているんだということに感心しました。

そこから話が広がりまして、
おいらの遺伝子を50%引き継いでいるということは、
おいらのパパとママの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいるということになります。

それと同じように、
妻のパパとママの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいます。

それぞれの親のパパとママの遺伝子も引き継いでいて、
おいらと妻それぞれの兄弟姉妹とも血がつながっていて…
と辿っていくと、そこには本当に多くのつながりがあります。

このお子さんは、それら全てのつながりを受け継いだ
「つながりの結晶」なんだということに改めて気づき、
それだけで感動と畏敬の念を抱いたのであります。



「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください

「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション