実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう

実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう



実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょうブログ:151105


減量は、
体重が減ればいいというものではありませんが、
やっぱり気になりますよね。

体重は体質全体の重さを表す数字なので、
正確に、やせたか太ったかの判断はできないですが、
目安として把握しておくことは大事!

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めたら…
すでに太っている証拠。

その後もずっと体重計に乗らなければ、
自分が太ってしまっていることを把握できないため、
脂肪の増加は、簡単には止められないのです。

そうならないためにも、
体重計には、定期的に乗ることが大事なんですね。

とはいえ、24時間に何度も体重計に乗る必要はありません。

減量中って、
24時間に何度も体重に乗りたくなったりしませんか?

でも、それはダメ!
かえってストレスをためることもありますよ。

24時間1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。
例えば…
「7時起きてトイレに行った後」
「21時お風呂に入った後」
などがおすすめです。

減量における重要なチェックポイントは、
「体脂肪率」です。

みなさまも知ってると思いますが、
「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」なので、
太っているかやせているかを正確に判断するためには、
「体脂肪率」を計ることが重要なのです。

ちなみに、女性の場合、20~25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。
これよりも多ければ、やはり減量が必要でしょう。

ただし、体脂肪率は体重とは違って、
連日測っても、あまり意味がありません。
1週間に1回、または2週間に1回くらいのペースで、
増えているか、減っているかをチェックするのがいいようです。

――――――以上で今日の報告を終わります。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう

実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション