日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:131203


育児をしているのなら、
子どもに7時のウンチをきちんとさせた上で、
7時食を軽めにするというようにした方がいい。

7時は身体自体がご飯を要求しているのではなく、
脳が炭水化物を要求しているだけだからだ。

それこそ穀物中心のご飯でいいのである。
食欲がないのなら、フルーツジュースを自宅で作り、
それを7時食にしてしまうのがおすすめ!

7時食が軽い分、
14時食と夕方食を重くすればいいのだ。

人間は午前11時から消化モードになるので、
14時食こそ重点を置くべきなのである。

でも、平日の生活では忙しいので、
平日の14時食は普通程度にし、
休日の14時食を重たくすればいい。

24時間3食にするのではなく、
「24時間2食半」というような
ご飯パターンにすることが理想。

このご飯パターンを守ると、
身体はご飯の消化吸収のために疲労しなくなり、
子どもは健康そのものに育って行き、
知能を高くすることができるようになる。

いつも大飯ばかり食べていたら、
子どもはご飯の消化吸収に疲れ切ってしまい、
病気になりやすく、頭も悪くなっていくものなのである。

24時間3食にして、
子どもにたくさんのご飯を与えた方が
健康になるのではないかと疑問に思う人もいるだろうが、
栄養豊富な土壌では逆に食物が健全に育たなくなるように、
子どもも栄養豊富だと逆に身体を弱らしてしまう…

裕福な家庭の子どもに限って
病気がちなのはこのためである。

人間をはじめとする全ての生命体は、
栄養が足りないのではないかと思う地においてこそ、
身体を活性化させ、その不足している栄養を
しっかりと吸収していこうとするのだ。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション