日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:140309


ダイエットのために
体を動かしたり、
運動したりする習慣はとても大切ですが、
同時に運動した後のご飯管理も
ダイエットには大切です。

運動で鍛えた筋肉を効率よくつけるためにも、
ご飯の質とタイミングを意識しましょう。

まず、運動前は
エネルギー源として使われる炭水化物からの
「グリコーゲン」が必要になります。

グリコーゲンが不足すると、
不足分のエネルギーを補うために
筋肉のたんぱく質を分解してエネルギー源にしてしまうので、
体に筋肉をつきやすくするためにも
運動前には適度に炭水化物をとりましょう。

炭水化物には
即エネルギーに使われるものと
そうでないものがあるので、
運動開始時間に合わせて工夫しましょう!

例えば…
白ごはん・バナナ・コーンフレークなどは、
すぐにエネルギーになりますが、
パスタ・チャーハン・芋料理などは、
消化に時間がかかります。

そして、運動の後は、
筋肉や肝臓のグリコーゲンが消費されて、
筋肉を作るエネルギーが無くなります。

傷ついた筋肉の修復や疲労回復のためにも、
運動終了後は、
なるべく早くご飯をとるように心がけましょう。

ご飯内容は、
良質のたんぱく質とビタミン・ミネラルを中心に
バランスのとれたご飯が必要です。

良質のたんぱく質の
魚・肉・卵・大豆製品・牛乳・乳製品は、
アミノ酸が豊富で筋肉を作る材料になります。

さらにビタミンB群は、
タンパク質を筋肉に変えるために必要な栄養素なので、
ほうれん草やニラなどの緑黄色野菜や
胡麻なども同時に摂りましょう。

ただし動物性の肉や乳製品は脂質が高いので、
くれぐれも摂り過ぎには要注意です!

運動で鍛えた筋肉をできるだけ活かすためにも、
ご飯でしっかり栄養を補給しましょう!



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション