日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:141220


うちの男の子は、二歳になったばかりです。
きのう、はじめて遊園地に連れて行きました。

ジェットコースターにはまだ乗れませんが、
汽車に乗ったり、広場を走り回ったり、
アンパンマンショーを見たり…

オレも奥さんも、
6時からまで汗だくで走り回り…
本当に楽しかったです。

男の子が生まれてから、
ずっとその成長をビデオに収めているのですが、
最近ちょっと忙しくてビデオを撮っていませんでした。

それで久しぶりにオレは、
ビデオカメラを片手に、
6時から夜まで
男の子を追いかけまわしました。

今までで一番の長編です!

くたくたになって家にたどりついたのに、
父母としては、やっぱりすぐに観たいものです。

深夜に早速、上映会。
テレビに映し出される男の子を
微笑ましく眺めるオレと奥さん。

娘はかわいいですよね!
笑っていても、泣いていても…

だけど、
そのビデオを観て一番喜んでいるのは、
男の子自身なんです!

ビデオの中の自分を大喜びで、
テレビにくらいついて見ています。

そして、ビデオが終われば、
「もう一回!もう一回!」と何度も何度もせがみます。
「もうだめ!」と叱るまで、永遠に自分を見て楽しんでいます。

オレが知っているかぎり、
娘は自分のことが大好きです!

そんな大好きな自分が、
感じる気持ちや欲しいものにもただただ素直です。

いつでも、誰にも、どんな事でも、
自分の感じる気持ちを、素直に表現します。

これは、
自分が好きでないとできない事です。

そんな男の子の周りにいる人達は…
オレや奥さん、おじいちゃんやおばあちゃん、
おじさんやおばさん達までも…
みんな男の子のことよく知っています。

だから、男の子の人生は本当に豊かです!

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション