日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:150331


肥満体質の人の食生活を見ると、
いきなりスイーツから食べている人がいます。

「一番おいしいものは一番最初に食べたい!」
食への素直な気持ちの表れなのでしょう。
その気持ちはわかります。

食後のケーキ、食後のアイスキャンディーなど、
甘くておいしいスイーツは、一番最初に食べたい…

しかし、その素直な気持ちは抑えて、
やはりスイーツを食べるのなら食後にしましょう!

食べるのなら、
主食の前も後も関係ないと思うかもしれませんが…
実は大いに関係するのです。

スイーツはほんの少量でも、高カロリーです。
糖分の吸収も早いため、すぐに満腹を感じてしまい、
スイーツを食べ終わったころには
「もう主食はいらない」と食欲が減退してしまうのです。

スイーツだけ食べて、主食を抜いてしまう可能性が強くなる…
これでは本末転倒です。

本来、食べておくべき主食を後回しにすると、
逆に食べられなくなってしまう可能性が強くなるのです。

しかも、砂糖ばかりがたっぷり含まれ、
ビタミンやミネラルが含まれていないので体にもよくない。

やはりスイーツは、食事の最後に食べるのがベストなんです!

昔から「スイーツは食後」と言われています。
なぜスイーツは食後にするべきかというと、
ウエストいっぱいに食べさせないようにするためです。

食事をしっかり食べれば、
スイーツを食べようとする食欲が減退して
「もういらない」という気持ちが大きくなります。

ウエストが膨れて「もういらない」と省くのなら、
主食ではなくスイーツにするべきなんです。

スイーツは抜いても大きな問題にはなりませんが、
主食を抜いてしまうと大問題です。

そうならないためにも
「スイーツは食後」というのは理にかなっているのです。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション