日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:151102


家内がPTAの副会長をしていた頃には、
わしは副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりでわしが会長になったとき、
家内が会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日の9時、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前のわしなら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

子どもの頃、親に内緒で危ない冒険をしたとき、
親には筒抜けであった経験があります。

親には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて親のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域の子どもにとっては知らないよその大人でも、
大人の方は子どもを知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今の子どもたちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
親のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
親たちが子どもたちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション