日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:160216


育児をしている時は、
息子が何かしてきたら、
大袈裟に褒めるということが非常に大事!
通常の褒め方では駄目なのである。

息子は自分の両親が大喜びしているのが解ると、
脳の限界を取り払って、
脳のシナプスを一気に増やすことができるのである。

気をつけるべきは、
夫婦のどちらかが両親馬鹿になってしまい、
夫婦の一方が白けてしまいチャチャを入れること。

これは夫婦としては正常の反応であっても、
育児においては非常に有害なのだ。

夫婦のどちらかが両親馬鹿になっているのなら、
自分も一緒になって両親馬鹿になってしまうくらいの
心意気が必要なのである。

都市部で暮らしていると、都会の刺激が強いために、
どうしても白けてる人々が大量に出てきてしまう。

奥さんが両親馬鹿になっても、夫がツッコミを入れて来るし、
夫が両親馬鹿になると、奥さんがツッコミを入れて来て、
両親馬鹿になる機会を失ってしまう…

そうすると
息子は脳のシナプスを増やすことができず、
頭が悪くなってしまうのだ。

息子は誕生から6歳までの間、
連日、必ず何かしら仕出かして来るのだから、
夫婦が交互に何かを見つけて、大袈裟に褒めてしまえばいい。

大袈裟に褒めれば褒めるほど
息子の脳のシナプスが増えるのだから、
非常に頭の良い息子に育ち、その後の子育てが非常に楽になるのである。

とは言え、
夫婦はいつも元気一杯でいられるわけがない。

奥さんは育児疲労で疲れ切ってしまうこともあるし、
夫は勤続疲労で疲れ切ってしまう時もある。

なので、
奥さんが疲れていたら、奥さんを休ませて、
その間、夫が息子に対して両親馬鹿になっていればいい。

夫が疲れていたら、夫を休ませ、
その間、奥さんが息子に対して両親馬鹿になっていればいいのだ。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション