日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:160304


少子化の社会で、
一体何が一番深刻な問題なのかというと、
お母さんが育児をしていても
幸せを感じられなくなってしまうということだと思う。

最初の赤ちゃんを産み育てる時は、
どうやったとしてもお母さんは新米ゆえに、
いたる所で失敗をしまくる…

しかも赤ちゃんは晩泣きをしまくるし、
自分は睡眠不足になってしまうので、
「あたしはなんて不幸なんだ」と思うようになる。

しかしお子様を3人以上も産めば、
赤ちゃんが晩泣きをするのは、当たり前ということが解るものだし、
もしも晩泣きをしなければ、死んでいるということなのである。

お子様を3人以上育てたことで
お母さんには「育児力」がしっかりとつくので、
育児を思いっきり楽しめるようになるのだ。

そういうお母さんの精神状態が
お子様の脳に良い影響を与えない筈がない。

お母さんがお母さんとして一人前になるからこそ、
お子様たちは健全に成長して行くことができる。

お母さんが一人前でなければ、
過保護や過干渉を繰り返してしまうのは当たり前のこと。

お子様の数が少なければ、
お母さんだって子供との距離を掴めないので、
お子様との距離を適正に保つためにも、
お母さんが3人以上の赤ちゃんを産むしかないのである。

お子様が1人しかいなければ、
経済的負担は少ないから、裕福になれると思ってしまいがちだが…

もしもお子様が死んでしまったら、それこそ子孫が絶えてしまうし、
もしもお子様がグレてしまったら
自分たちが望むような未来を実現させるのは難しいだろう。

お子様の数が多くいれば、
お子様が1人死んだとしてもスペアはあるものだし、
デキの悪い子がいても
それ以外のデキのいい子に期待すればいいのだ。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション