日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:170728


今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

大勢の人たちは、
根本的に減量を勘違いしています。

「美しくなる=減量=食べないこと」と
勘違いしている人が少なくないのです。

美しくなるためにはやせなければいけないと考え、
やせるために無理な食事制限をしている人が多い…

「減量とはとにかく食べないことだ」
それだけに一点集中してしまうのです。
これがいけないのです。

まず、急に食事制限をすると、元気がなくなります。
顔は青白くなり、元気も出なくなり、魂が抜けたようになります。

学生であれば勉強が頭に入らず成績は落ち、
社会人であれば仕事をする元気が出なくてミスをしてしまいます。

食べない減量をある程度続けることで、
目標の数値までやせられたとしましょう。

しかし達成できたとたん、ため込んだストレスをはき出すかのように、
ガバッと食べてしまうのです。
そうしてリバウンドして振り出しに戻る…という結末。

なぜこれほど具体的にわかるのかというと、
オレ自身が何度も経験したことだからです。

思春期は、特に人目を気にする時期で、
何度も減量に挑戦をしては失敗を繰り返しました。
特に、はまったのは高校を卒業した時期でした。

オレに限らず、周りの母も
過去に何度か減量を経験している人がいました。
女性ばかりと思いきや、男性にも多いのです。

しかし話を聞くと、
なぜか成功している人よりも失敗している人のほうが多い!
オレもそのひとりでした。

その失敗する減量に限って
「食べない」という方法に頼るものだったのです。
みんな同じようなことを考え、同じような失敗をしていたんです。

みなさんも、そんな失敗経験はありませんか?

くれぐれも、食べない減量はやめてくださいね!

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション