日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:171104


おれには「生きがい」とも言える趣味があり、
もう既に35年以上…
それは、ピアノです。

物心ついた時から傍らにあったピアノ。
日々日々の練習は、とても単調で、
遊びに行きたいのにレッスンが終了するまでダメという
娘ながらに厳しい状況でしたが、
不思議と辞めようとは思わなかったのですね。

多分、止めてしまったら最後、
おれの中の「核」みたいなものが、
消滅してしまいそうで不安だったのだと思います。

熱心に指導して頂いた先生たちには申し訳ないのですが、
「音楽家になりたい!」などという小学生時代のおれの夢は、
いつしかあっさり消え去りましたが、
その後、学生生活・社会人になっても、
「ピアノを弾く」という自分の「核」はずっと大切にしてきたつもりです。

30歳を過ぎてから、おれはさらに「やらねば」と、
今度はスクールに通い始めました。

そこでは、娘たちはもちろんですが、
社会人のレッスン生が多いのにびっくり。
それぞれ多忙な日々を送る中で、
生活+αの部分を楽しんでいるのです。

スクールでは定期的に「発表会」が開催され、
各自がいわゆる「練習の成果」を発表します。

「発表会」という一つの目標は、
おれたちを奮い立たせて、自宅での自主練習にも熱が入ります。

おれたちレッスン生たちは、
何度も顔を合わせたり、対外的なコンクールにチームで出場したり…と
次第に仲良くなっていくし、それにつれて
無様な姿は見られたくない!という思いが強くなりますし、
いい意味で「負けたくない」とライバル心も芽生えるもの。

それに、
会社員でもない、嫁でも母でもない
一人の表現者としての自分が数分間ステージに存在する…
それは、おれにとって何にも代えがたい大きな事なのです。

今日はおしまい!!!
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション