日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。



日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。ブログ:180312


文明が発達したおかげで、
おれたち人間は、
どうしても7時食を食べざるをえなくなった。

そのために1日3食になってしまい、
その結果、ご飯の量が増えて、
それがご飯過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間の体質は元々は1日1食であり、
文明が始まると共に1日2食になった。

発達した文明を維持するために
1日3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

ママとしては
娘がたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

1日3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
1日2食半に抑え、
1日の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕食を多目に出し、
休日はお昼食を多目に出せば、
娘は内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

ママにしても
1日3回もご飯を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

ママ自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのようなご飯をしていれば、
娘の健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに1日3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
1日3食のご飯パターンを改めるべきだと思う。


日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション