コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある

コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある



コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがあるブログ:161219


子どもがどうして近視になるのかというと、
それは脂肪不足に原因がある。

視力を向上させていくためには
ビタミンAが有効なのだが、
このビタミンAは脂溶性なので、
身体内の脂肪が不足すると、
それにつられてビタミンA不足に陥って、
近視になってしまうのである。

子どもは脳を発達させるために、
脂肪を優先的に脳に回すので、
食事において脂肪が少ないと、
途端に脂肪不足に陥ることになる。

たとえ脂肪を摂取しても、
子どものおやつにおやつを与えていると、
脂肪の吸収を阻害してしまい、
脂肪を取っている筈なのに脂肪不足になる。

おやつを食べる子どもほど
近視になっていることが多いが、
これはおやつのために
脂肪の吸収が阻害されたからなのである。

また
視力は四六時中使用されるので、当然疲労する。
その疲労を取るのが、ビタミンB2なのだが、
このビタミンB2の天敵は、実は水である。

子どもが喉が乾いたからといって
水を飲み過ぎていると、
身体内のビタミンB2が奪われて、
視力が低下してしまう。

この手の子どもは元気がないものだが、
水をガブ飲みしているから、
身体内にビタミンB2が決定的に不足しているのである。

子どもの目というのは、実はストレスに非常に弱い。
冷たい飲み物を飲み過ぎていると、
身体にストレスがかかり、腎臓が傷んでしまう。

子どもに飲み物を与える時は
絶対に冷蔵庫で冷やした物を与えるのではなく、
常温の物を出すか、温めた物を出すようにすべきなのである。

精神的なストレスでは、
「強圧的な親子関係」が
子どもの腎臓を傷めてしまい、
視力を下げてしまうことになる。

実際、近視になる子どもの多くは、
お母さんがあれやこれやと非常にうるさいケースが少なくない。
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある

コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション