エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復



エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復ブログ:141109


シェイプアップに励んでいて、
今まで順調に体重が落ちていたのに、
急に変化がなくなると焦りますよね。

でも心配はいりません!
シェイプアップ中には、
体重が落ちなくなる「停滞期」って、
誰にでもあることなんですよね。

停滞期が訪れる時期は人それぞれですが、
一般的にはシェイプアップ開始から、
2ヶ月~2ヶ月経過したくらいにみられるようです。

この原因は、
主に肉体の防衛反応によるものです。

シェイプアップ中は摂取カロリーを制限しますよね。
肉体にしてみれば、今まで入ってきた
エネルギーや栄養素が入ってこないことになります。

エネルギー不足になった肉体は一時的に飢餓状態になり、
次に食べ物が肉体に入ったときに
余分に栄養をため込もうとするのです。

ですから、停滞期に入ったら
肉体がいまの状態に慣れる過程だと考えて、
それまでどおりの食生活を続けましょう。

体重が落ちないからといって、
ご飯量をさらに制限するのはおすすめできません。
摂取カロリーが基礎代謝を下回ってしまうと、
逆に痩せにくい肉体になってしまう恐れがあるので、
注意が必要です。

また運動の効果は、日々継続していくことにより
数ヵ月後から徐々に効果があらわれていくものです。

特に普段から運動をしていない人は、
代謝機能が衰えているので、
運動をしてもシェイプアップ効果を実感できるまでには
多少時間がかかるかもしれません。

焦らずに、
自分のペースにあった運動を楽しみながら
実践してみましょう。

停滞期に惑わされることなく、
食生活のバランス、運動をチェックして、
無理のないシェイプアップを続けましょう!
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション