エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復



エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復ブログ:150830


家庭において一番大切なことは、
息子の豊かな心を育てることなのではないでしょうか。

それには
両親からの精一杯の愛が必要だと思います。

息子が泣くのは、自分を見て欲しいからです。
愛されていることを確認したいのです。

何度泣いても、どんなに求めても
相手にしてくれなければ、子供も学習し、
あきらめてしまうことでしょう。

息子の求めることに、
ゆとりをもって聞いてあげる。
すると息子の心は満足し、情緒が安定するのです。

息子が何かしてくれた時は、
顔を見て心をこめて
「ありがとう。上手にできたね」と感謝して、
褒めてあげたいものですね。

忙しさにかまけて、
顔も見ずに「サンキュー」と云っていないでしょうか。

向かい合ってやさしく笑顔で云うのと、
3秒も違うでしょうか。

大好きな親父やお母さんから
感謝され、褒められて、
お母さんはどんなに喜び安心することでしょう。

他人が幸せなら共に喜べる心を養ってあげたい。
くちで云うだけで、両親がそうした姿を見せなければ、
息子はわからないでしょう。

だから両親は大変です。
でもこうやって、ぼくたち両親も成長できるのです。

息子と共にいろんなことを経験したり、
息子を通じてたくさんの素晴しい人とめぐり逢ったり、
息子が依存してくれるからこそ、
自分の存在価値が大いに認められる…

ぼくたちは育児しながら育自して、
何と人間的に成長させてもらえるのでしょう。

そして何より、
こんなにも「愛しい」という想いを持てることの素晴しさ。

こんなにも両親にたくさんの宝物を与えてくれて、
息子は両親離れをするまでに
両親孝行はしてしまっているのかもしれませんね。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション