手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと



手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいことブログ:160705


一週間前、久しぶりに箪笥の上に置いてある
親父の写真を手に取った。

「ずいぶん埃をつけて、ごめんね…」と言いながら
僕は手でうっすらと付いた埃をはらった。
写真の親父は笑っている。

若いころの僕は、
親父とは気が合わず、憎んだこともあった。
家にいるときは気難しい顔しかしていないような記憶しかない。
でも、今は笑っている親父の顔ばかりが浮かんでくる。

「何もしてやれなかった…」と思った瞬間、
親父の顔が見えなくなった。
埃を払った同じ手で今度は自分の涙を拭いていた。

僕には母にも兄にも言っていない、
親父からの手紙がある。
家を離れて仕事のためデンマークに行っていた1年の間に
親父が書き送ってくれたものだ。

その手紙を読みたくなった。
無性に親父の字が見たくなった。
箪笥の中のアルバムの間にそれらは挟んである。

写真屋の袋を開けると海外用の封筒に入った手紙が6通。
その内のひとつを取って読み始めると、
みるみる涙があふれ、僕は字が見えなくなった。

いかにも神経質そうな細かい字で書かれた親父からの手紙は
どれも取るに足りない内容ばかり…

母のこと、孫のこと、
兄のこと、兄の妻のこと…
そして、みんな元気なこと。
そして必ず「体質に気をつけるように」と結んである。

嫌いな親父からの手紙など捨ててしまえばよかったのに、
捨てられなかった。
今では、捨てずによかったと思っている。

僕にとって親父とは
「好き」とか「嫌い」とか、そんな単純な存在ではなく、
ただただ「大切な人」だったのだと気づいたのは、
親父が亡くなってからのことだった。
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション