手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと



手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいことブログ:170108


息子と私、
母子家庭ながら充実した毎日を送っている。

「働くようになったら、お母さんにお金あげるよ。
それでデパートに行くといいよ」
小学校低学年の息子はそんな言葉で私を喜ばせてくれた。

夏休み、二人で自転車で郊外のドライブに向かったときのこと。

帽子を忘れた私は
途中で大型店で買うことにしたのだが、
即座に
「いいや、行こう」と引き返した。

「お母さん、僕のものならすぐに買うのに…」
帽子売り場をあとに息子が呟いた。

少し行くと宝石店があった。
「お母さん、買うの?買うの?」
ショーケースを何気なく覗いた私に息子はすかさず言う。
それも満面の笑みで…

そういえば前に言ってたことがあったっけ…
「仲間のお母さんは指輪してるけど、お母さんはしないの?」って。

値札を見ながら笑う私に、
息子はショーケースを廻りながら畳み掛ける。

「お母さん、買う?綺麗だねその指輪。ねえ、買う?買うの?」
息子はちょっとした興奮状態で私の目を見る。

「お安くしときますよ」
店員さんの苦笑いにようやく決心した。
帽子が十個買えるショッピングになったが、
息子の喜びようが嬉しかった。

息子の興奮状態はそれからも続いた。
「お母さん、指輪ちゃんと持ってる?指輪つけないの?」
到着したドライブでも何度も何度も確かめてきた。
スキップしながら嬉しそうに…

「なんでこんなに嬉しいんだろう?」
息子は自分でも不思議そうに、
それでも嬉しそうに何度も指輪の入った袋を確認した。

あの指輪は
息子のお嫁さんになる人に大事にとってあります。

この指輪を買う経緯も一緒に喜んでくれるお嫁さんだったら
お母さんにとって最高の喜びになるでしょう。
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション