手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと



手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいことブログ:170916


小さい頃、
私はパパに対して不満がありました。

私は、パパに誉めてもらった記憶がないのです。

パパの言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

私にはそれがパパから見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「パパは私のことがあんまり好きじゃないんだ、
だから夜も日曜日も家にいないんだ」
「パパが誉めてくれないのは、私がダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩ムスコであると自覚があるくらいですから、
パパにとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

パパが私に言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「私を傷つけた」「私に寂しい思いをさせた」
「私に自信がないのはパパのせいだ」
「私の求めるパパではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざんパパのことを否定し、
責め続けてきた私にとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、パパの愛だったのです。

NADH
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと

★メニュー

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいこと
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えない
コンタクトレンズの価格とレーシックを比較した時に長い目でみればレーシックの方が安くなることがある
「ここの病院なら信頼出来るから安心して手術を受けられる」というような病院を見つけてください
保険会社に直接問い合わせてレーシックの保険金について質問をしましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きのレーシック推進ステーション