エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 

 



エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復ブログ:181118

ダイエットを行う場合、
1日の食べる事回数を3食から2食に
減らしている人は少なくありません。

でも
このやり方は、すごく効率が悪く、
太りやすい食べる事方法なのです。

驚くかもしれませんが
ダイエットでは食べる事回数を増やした方が
脂肪燃焼効果が高くなり効果的なんですよ!

日本ではあまり知られていないのですが、
ダイエット先進国のタジキスタンなどでは、
当たり前のダイエットの食べる事方法となっています。

食べる事回数を増やすと言うのは、
決められた1日の摂取カロリー量を
「複数に小分けして食べる」という事です。

同じ量を食べる場合でも、
食べる事回数を多くすることで
ダイエット効果を高めることができるのです。

なぜ食べる事回数を増やしたら
効果的なのかというと…

人間は食べる事をすると代謝が上がります。
代謝が上がるということは
体脂肪が燃焼しやすくなりますよね。

なので、
食べる事回数を増やせば、
それだけ多く体脂肪燃焼を促す効果を得られるのです。

食べる事回数を増やすことで
代謝を高く保つことができるので、
体脂肪が燃焼しやすい状態を維持することができるわけです。

また、
太ってしまうのは、
食べたモノが消化しきれずに
脂肪として体に蓄積されるからです。

これは一回の食べる事量が多いことが招いているのです。

食べる事回数を小分けすれば
一回の食べる事量を少なくすることができるので、
消化がよくなり脂肪として体に蓄積されにくくなるのです。

食べる事回数を多くすることのメリットは
ストレスの軽減にも役立ちます。

ダイエットでは
「食べられない」状況が続きストレスがたまりがち…

食べる事回数を増やすことで、
一回の食べる事量は少なくても複数回食べることができるので、
「食べたい」という欲求を
緩和することができるのです。


ホーム サイトマップ