エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復

レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 

 



エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復ブログ:181023

わたくしがいつも心がけている
意外なシェイプアップ法を紹介します。

それは
「コンビニのない道を通る」という心がけです。

シェイプアップを成功させたいなら、
道を選ぶべきだと思うんですよね。

なぜ道を選ぶべきかというと、
コンビニが視界に入ると、ついつい入ってしまうからです。

明るい店内に、窓際にはさまざまな雑誌が置かれ、
人が立ち読みをしている姿などが目に入ると、
気になって引き寄せられて入ってしまいます。

一度、店内に入ってしまうと、
ウエストが減っていなくても余分な物を買ってしまいがち…

おいしそうなお菓子がずらりと並んだコンビニから
何も買わずに抜け出すのは、至難の業です。

わたくしは誘惑に弱いので、特に辛いんです!

できるだけお菓子は買わないと心がけているわたくしですが、
それでも一度視界に入ると気になり始めて、振り切るのに苦労します。

振り切ることができても
「あのお菓子、おいしそうだったなあ」「食べたかったなあ」
という心労を増やしてしまい、余計に疲れてしまうのです。

そこでわたくしは考えたのです。
そもそもコンビニのない道を通ってしまえばいいんだ!
視界にさえ入らなければ誘惑されることもない!

もちろんコンビニを通らない道を選ぼうとすると、
ほとんどの場合、遠回りの道になることでしょう。

しかし、その遠回りも「いい体操になる」と
前向きに考えればいいのです。

このように考えると、コンビニエのない道こそ、
シェイプアップ成功への道なんじゃないでしょうか?

無用なカロリー摂取をしないための
ちょっとした心がけかもしれませんが、
意思の弱いわたくしのような人には、
お勧めのシェイプアップ法だと思います。

今日は、ここまで。

ホーム サイトマップ